地域資源の情報をオープンデータとして

共有していくためのデータベースサイト


石川県全域
アプリケーション

気象情報マッシュアップ!

0 回実行, 0 回Fork , 更新: 2017年1月16日
0 0

9

評価指数


世界最先端気象衛星ひまわり8号の雲画像、気象警報、川と流域マップなど、気象に関する情報をリアルタイムに収集し、Web上でいつでもどこでも誰でも確認することができます。日本全域マップから都道府県、市町村まであらゆるスケールで情報を見ることができます。
7

評価指数


「自分で作る可視化アプリ」を利用し、「オープンデータで作る全国避難場所マップ」に集約されている地図をマッピングしました。
5

評価指数


大規模水害に関するタイムラインの情報や避難時の心得などを学習情報として利用者に紹介し、現在位置もしくは指定住所(自宅等)を起点として災害危険度や避難情報をガイドする避難訓練用アプリです。 国土交通省国土地理院が主催する「平成28年度防災アプリケーション審査委員会」において「防災アプリ賞」を受賞しました。

イセキホリダー

0 回実行, 0 回Fork , 更新: 2016年1月17日
0 0

4

評価指数


イセキホリダーは都市近辺に埋もれていた文化遺産を巡るスタンプラリーアプリである。 埋蔵文化財の存在が知られている土地(周知の埋蔵文化財包蔵地)は全国で約46万カ所あり,毎年9千件程度の発掘調査が行われてる。http://www.bunka.go.jp/seisaku/bunkazai/shokai/maizo.html 発掘された文化財は国民の共有財産であり、各自治体などで保管されているが、倉庫などに保管されている文化財が多く、公開が充分にされているとはいいがたい。 本スタンプラリーは各発掘調査をまとめた発掘調査報告書の抜粋と位置情報を基に、周辺の遺跡を巡るアプリである。本アプリを通して考古学の裾野を広げられることが期待できる。

CEP-AI システム (太陽光発電事業化支援サービス)

0 回実行, 0 回Fork , 更新: 2015年2月23日
0 0

1

評価指数


CEP-AI システム(太陽光発電事業化支援サービス)は、地域の企業・団体と共に太陽光発電を普及・運営するに、事業の実施を効率的に進める事を目的とし、地理情報システムを活用して効率的な事業の推進を支援するサービスである。システムの構成内容は、太陽光発電事業における業務フローに沿った4 つの機能から構成されており、将来的にはこれらの機能を他の自然エネルギー、交通情報、防災情報、不動産などへの分野拡張し、スマートシティやオープンシティを推進するためのプラットフォームとして事業展開していく。

ニュースフィード