地域資源の情報をオープンデータとして

共有していくためのデータベースサイト


大阪府大阪市
アプリケーション

自分で作る可視化アプリ

645 回実行, 5 回Fork , 更新: 2016年2月13日
4 0

10

評価指数


※2016/01/31 地図をOpenStreetMapに変更 プログラミングが出来ない人でも地図にマッピング出来るアプリケーションです。 オープンデータを推進したい行政でも成果が目に見える形にしたいという意見が多い中で、自身が作るマッピング結果に触れてみるのもいいと思います。 リンクデータにデータをアップロードすることでオープンデータに、このアプリのデータセットで利用すれば可視化を実現。 データ公開から可視化までLinkData.orgのみで行えます。 ・経産省共通語彙基盤対応 経度緯度に関する語彙リスト(共通語彙に関しては#以降表示) 緯度:["緯度", "lat", "latitude", "Latitude"]、 経度:["経度", "lng", "long", "longitude", "Longitude"] 緯度経度に該当する語彙があれば、連絡お願いします。
8

評価指数


外部のサイトで公開されている任意のSPARQLエンドポイントを利用して検索した結果を「Google Motion Chart」で可視化する例です.
大阪市の工業推移のSPARQLエンドポイント
http://lod.hozo.jp/repositories/osaka_IndustryChange
を利用しています

外部SPAQRLエンドポイントへのクエリ処理には「 簡易LOD検索サイト作成ツール」を利用しています.

また,大阪市工業推移データの可視化( http://app.linkdata.org/run/app1s536i )を参考にさせていただきました.
7

評価指数


「自分で作る可視化アプリ」を利用し、「オープンデータで作る全国避難場所マップ」に集約されている地図をマッピングしました。

日本のオープンデータ都市マップ

1652 回実行, 0 回Fork , 更新: 2013年7月22日
6 0

6

評価指数


避難場所プロパティ全サーチ

286 回実行, 0 回Fork , 更新: 2015年7月31日
5 0

5

評価指数


2015/7/31日時点のLinkDataにある避難場所情報のプロパティを全検索したアプリケーション

ニュースフィード