地域資源の情報をオープンデータとして

共有していくためのデータベースサイト


【重要なお知らせ】 2018年11月1日より運営法人が変わります
福岡県福岡市
リソース
これまでに開催されたイベント

INNOVATE Hub Kyushu

更新:2016年8月27日

1

評価指数


1

評価指数


今、公共データの民間開放である「オープンデータ」の取組が推進されています。平成26年10月には福岡市もオープンデータサイト( http://www.open-governmentdata.org/ )を開設しました。 ビッグデータ&オープンデータ研究会in九州では、こうしたオープンデータ化推進の意義や社会・経済などへの影響、また、社会情報基盤としての推進がもたらす地域の成長について、講演及びパネルディスカッションを通じ、皆様と一緒に考える機会とすべく、複合型コンベンション『スマートモビリティアジア』のプログラムの一つとして、本セミナーを開催いたします。 情報の利活用や地域の成長などに関心をお持ちの皆様のご参加を、心よりお待ちしています。 1 開催日時   平成27年1月8日(木曜) 14時~16時45分 (開場:13時30分) 2 会場   アクロス福岡 4階 国際会議場     (福岡市中央区天神1-1-1) 3 定員   200人(申込多数の場合は先着順とさせていただきます) 4 参加費    無料 5 プログラム   基調講演 「オープンデータ政策と地域の活性化」(仮題)         (株)公共イノベーション代表取締役 川島 宏一氏   パネルディスカッション「オープンデータと地域の成長」(仮題)   <パネリスト>         (株)ウェルモ代表取締役 鹿野 佑介氏         (株)公共イノベーション代表取締役 川島宏一氏         福岡市総務企画局理事(CIO補佐官) 竹内 聡氏         ビッグデータ・オープンデータ研究会in九州代表,(公財)九州先端科学技術研究所副所長 村上和彰   <モデレーター> (公財)福岡アジア都市研究所 フェロー 天野 宏欣 6 主催   ビッグデータ&オープンデータ研究会in九州 (BODIK) ・後援…福岡地域戦略推進協議会、地方シンクタンク協議会九州・沖縄ブロック ※このセミナーは、1月8日~9日に開催される複合型コンベンション「スマートモビリティアジア(=SMA)」の プログラムの一つです。 7 申込方法  「1/8 セミナー(オープンデータ)聴講希望」と明記のうえ,電子メール(event5@urc.or.jp)もしくはFAXに以下の必要事項を記載し,福岡アジア都市研究所まで申込みください。   なお、福岡アジア都市研究所ホームページ( http://www.urc.or.jp )からも申込みが可能です。 ・必要事項 (1)氏名・ふりがな,(2)住所,(3)勤務先/通学先(住所が勤務/通学先の場合は所属箇所名も),(4)電話番号,(5)メールアドレス   ・申込期限 平成27年1月6日(火曜)まで(必着) 【参考】 SMA2015「福岡からの挑戦~持続可能な社会システム構築に向けて」 http://www.k-uip.co.jp/blog/post/news/2014/12/sma2015/

ニュースフィード