地域資源の情報をオープンデータとして

共有していくためのデータベースサイト


大阪府高槻市
アプリケーション

高槻市避難所Map

208 回実行, 2 回Fork , 更新: 2016年7月17日
1 0

4

評価指数


高槻市の避難所位置情報をGoogleMap上に表示。 国土地理院の国土数値情報ダウンロードサービスで公開されている,洪水ハザードマップを用いて、浸水の危険性がある地域を青いレイヤーで表示します。

高槻市保育園マッピング

119 回実行, 0 回Fork , 更新: 2015年10月9日
2 0

2

評価指数


地図上に保育園オープンデータをマッピングする高槻市版アプリです。

てつづきおしえ太郎

0 回実行, 0 回Fork , 更新: 2018年1月14日
0 0

2

評価指数


めんどくさい各種行政手続きに必要なモノをLINE Botが教えてくれるサービス 「てつづきおしえ太郎」は、各種手続きに必要なモノ(印鑑、本人確認書類、委任状など)をLINE Botが教えてくれるサービスです。 <概要>  行政手続きには様々なものがありますが、その手続き時に何が必要か調べないと分からないことが多いのではないでしょうか?また役所のホームページで調べても情報量が多く、検索しきれないことや、結局役所に電話したくなるということがあるのではないでしょうか? <特徴>  「てつづきおしえ太郎」は、どこか特定地域の自治体の問題解決だけにとどまらず、様々な自治体でも同じように使えるものとして広がっていく可能性を秘めています。 <機能> ●このサービスは、そんな「調べるのがめんどくさい」を解決するLINEBotです。 ●たとえば「子供が産まれた」「出産」等と発言したら、それに関連する手続きなどの情報を教えてくれます。 ※申請書の画像も確認できるようになりました。 自治体の名前を送ると市役所の位置情報を返してくれます。(例えば、高槻市 など) ※市役所の写真を表示するようにしました。(高槻市のみ) ●ターゲットは若者からお年寄りまで幅広く。 ●色々な手続きを行う際に何が必要かわざわざ役所に電話して聞く、ホームページを調べるといったことをすることなく、さらに役所が開いていない深夜や休日であっても、LINEで手軽に問い合わせを行うことが可能です。 ●市民側も役所側も便利になります。 ●手続き以外の言葉でも日常会話が少しできるようになっています。 <今後の展開> ●プッシュ通知により、その人に合った手続きやイベントを通知することで、よりその人にマッチングする住民サービスを目指しています。 ●スタンプラリー機能により、説明のある各場所へ行くとスタンプが押せます。全部のスタンプを押せると、景品がもらえるなどのサービス提供も目指しています。

図書館と人口分布の見える化

0 回実行, 0 回Fork , 更新: 2017年1月15日
0 0

1

評価指数


「Linked Open Addresses Japan」の行政区画の境界データと、国立国会図書館が公開する「図書館及び関連組織のための国際標準識別子(ISIL)試行版LOD」をマッシュアップして、大阪府高槻市における町別世帯人口と周辺の図書館の場所との関係性をビジュアライズしました。

ニュースフィード