地域資源の情報をオープンデータとして

共有していくためのデータベースサイト


東京都多摩市
アプリケーション

オープンデータベースアナライザ XView

0 回実行, 0 回Fork , 更新: 2018年1月12日
0 0

6

評価指数


市民が作りあげ発展するオープンデータ分析システム。データを分析する。結果を持寄る。データをストーリとして編集する。編集されたレポートから異なる見方の新たなレポートを作り発信する。数字をメッセージとして訴求する。確かなデータで社会を動かす。

市政データバンク@多摩市

0 回実行, 0 回Fork , 更新: 2015年2月19日
0 0

3

評価指数


多摩市役所が有する公共データ、国 都の多摩市に関わるデータ、多摩市民が自発的にアンケート調査したデータ等 多摩市政に関するあらゆるデータをXViewシステムに集積し、これを市民自身があらゆる角度から分析できるようにし市政の課題についてデータに基づく議論がSNSを通じて市民の手でできるようにしたサイト

多摩バーチャルデポジットライブラリー

0 回実行, 0 回Fork , 更新: 2015年2月20日
0 0

1

評価指数


オープンデータで図書館をもっと効率的に 『多摩バーチャルデポジットライブラリー』 デポジットライブラリー(共同保存図書館)とは、設置主体を異にする複数の図書館が、それぞれで所蔵が困難になった資料を一ヶ所に集め、共同で保存する仕組みです。物理的な共同書庫の実現には様々な合意形成が必要となります。 従来、日本の公共図書館の蔵書情報は、各自治体の図書館によって分散して管理されており、統合的に扱うことができませんでした。オープンデータを組み合わせて、行政組織を超えた図書館の蔵書構成を把握することで、デポジットライブラリーの実現を目指しています。 ◆株式会社カーリルとの共同研究でデータベースを構築 NPO法人 共同保存図書館・多摩では、日本最大の図書館蔵書検索サービスを提供する株式会社カーリルとの共同研究により、「多摩バーチャルデポジットライブラリー」の構築を進めています。 「多摩バーチャルデポジットライブラリー」は国立国会図書館と国立情報学研究所が提供するオープンな書誌情報と、カーリルが提供する所蔵情報APIを組み合わせることにより、これらの情報を統合的に分析することで、多摩地区で希少となっている本を検出し、保存を支援する仕組みです。 ◆悉皆調査とリアルタイム性の実現 カーリルAPIにより、各図書館がこれまでウェブ上で提供してきた蔵書検索の仕組みと連携するため、各図書館に追加の負担がありません。また、定期的に各図書館から一括してデータを収集する方式ではなく、リアルタイムにデータを収集しますので、希少性の高まった本については定期的にデータを更新することがタイムラグを最小化することができます。全国の図書館が同じ問題を抱えており、これらのモデルは全国の図書館で活用できるものとなります。

ニュースフィード