地域資源の情報をオープンデータとして

共有していくためのデータベースサイト


京都府宇治市
アプリケーション
7

評価指数


「自分で作る可視化アプリ」を利用し、「オープンデータで作る全国避難場所マップ」に集約されている地図をマッピングしました。

ご当地なび(iPhone版)

221 回実行, 0 回Fork , 更新: 2014年6月27日
3 0

3

評価指数


ご当地なびは、スマートフォンの位置情報を利用して各地域の観光情報やバリアフリー情報を提供するサービスです。  表紙は、鮮度の高い最新情報の写真がフルサイズで放映されます。  現在地や観光スポットから、今咲いている花情報、観光情報、イベント情報、車椅子利用可能なトイレ情報、緊急医療機関などの情報を簡単に知ることが出来ます。 また、全ての情報は現在地や観光スポットから経路案内をおこなうことができますので初めて場所でも安心して移動できます。  一部地域(現在、京都嵐山、宇治地区のみ)では、音声で観光ガイドやバリアフリー情報をサービスしています(ON/OFF可)。 観光スポットに近づくと観光ガイドが自動的に流れ出しますので、ハンズフリーで観光を楽しんでいただくことができます。 ●経路案内 現在地や観光スポットから車や徒歩移動の経路案内ができます。 ●facebook、twitter、メールとの連携 ワンタッチで、facebook、twitter、メールにお気に入り情報をつぶやくことができます。 ●NaviConとの連携 株式会社デンソーのアプリNaviConを利用してカーナビに地点を送信できます。 「NaviCon」についての詳細は、サポートページをご覧下さい。 http://navicon.denso.co.jp/user/ ●募集 わが町もご当地なびに参加したいという地域も随時募集しております。 詳しくはWebサイト http://i2navi.net/ をご覧ください。 ※ご当地なびの音声ガイド機能は、バックグラウンドでもGPSを使用する為、バッテリー消費にご注意ください。

ご当地なび(Android版)

168 回実行, 0 回Fork , 更新: 2014年6月27日
3 0

3

評価指数


ご当地なびは、スマートフォンの位置情報を利用して各地域の観光情報やバリアフリー情報を提供するサービスです。  現在地や観光スポットから、今咲いている花情報、観光情報、イベント情報、車椅子利用可能なトイレ情報、緊急医療機関などの情報を簡単に知ることが出来ます。 また、全ての情報は現在地や観光スポットから経路案内をおこなうことができますので初めて場所でも安心して移動できます。 ●経路案内 現在地や観光スポットから車や徒歩移動の経路案内ができます。 ●facebook、twitter、メールとの連携 ワンタッチで、facebook、twitter、メールにお気に入り情報をつぶやくことができます。 ●募集 わが町もご当地なびに参加したいという地域も随時募集しております。 詳しく はWebサイト http://i2navi.net/ をご覧ください。

EdgyBooks: Kyoto

0 回実行, 0 回Fork , 更新: 2016年9月9日
0 0

3

評価指数


京都が出てくる本のタイトルや概要などが記されたカードを1枚ずつ表示し、ユーザーが興味があるかを回答し、ユーザーが興味ある本についての、本の詳細、本に登場する京都の地図などを記したオリジナルパンフレットWebサイトを出力するWebアプリです。iOSのSafariなどのブラウザを使用することで、iBooksなどの電子書籍アプリに他の電子書籍と同様に、オリジナルパンフレットをPDFに保存することができ、スマートフォンやタブレット片手に京都の本の旅ができます。

京都LifeMap

0 回実行, 0 回Fork , 更新: 2014年11月9日
0 0

2

評価指数


千二百年を超える悠久の歴史を持つ、年間五千万人が訪れる国際観光都市・京都市の観光や日常生活にお使いいただける、iPhone、iPad、iPod touch向けのアプリケーションです。 神社仏閣・観光施設・宿泊施設・駐車場・駐輪場・バス停・飲食施設などの観光情報のほか、コンビニ・病院・100円ショップ・郵便局・銀行・避難所・区役所など、生活に便利な施設を多様な検索手段で探すことができます。 豊富で詳細なランドマークや見やすい地図の採用により、施設の場所もすぐわかります。 グーグルマップなどのサードパーティ製の地図・ナビゲーションアプリとの連携機能により、徒歩・公共交通・自動車の経路検索も簡単で、施設に迷うこと無く辿り着けます。 観光で京都を訪れる人、京都で暮らすように過ごしたい観光客、京都で働く人、京都に住む人などいろいろな立場の人たちが実用的に使えるアプリを目標として開発しました。

ニュースフィード