地域資源の情報をオープンデータとして

共有していくためのデータベースサイト


大阪府大阪市
リソース
これまでに開催されたイベント
2

評価指数


この度、同地方公共団体をメンバーとした第5回自治体オープンデータ推進協議会(関西会議)」を開催致します。当日は、オブザーバ、一般の傍聴席を設けます(定員50名)。オープンデータ推進にご関心のある皆様には、広くご案内いただき、ご参加いただければ幸いです。 日時:2016年7月6日(水) 10:00~15:00 (12:00~13:00は休憩) 場所:大阪イノベーションハブ 予定アジェンダ:  (午前の部)自治体オープンデータ推進施策の最新動向(仮)    ・政府標準利用規約と共通語彙推進施策におけるオープンデータの取り組み(仮)     内閣官房政府CIO補佐官兼経済産業省CIO補佐官 平本健二氏    ・総務省オープンデータ実証「官民連携データ活用による都市の魅力向上プロジェクト」について(仮)     ㈱リクルートコミュニケーションズ 榎本淳子氏  (午後の部)オープンデータからオープンガバナンスへ(仮)    ・「チャレンジ!オープンガバナンス2016」について     東京大学公共政策大学院 客員教授 奥村裕一氏    ・パネルディスカッション   <パネラー>(予定)      田畑龍生氏(大阪市CIO)      長谷川孝氏(横浜市政策局担当理事)      古崎晃司氏(大阪大学准教授)      高橋徹氏(ATR Creative共同CEO)   <モデレータ>奥村裕一氏
2

評価指数


先に実施した全国自治体広報紙オープンデータに関するアンケート調査結果を受けて、自治体担当者や有識者らと意見交換を行うものです。一般傍聴も可能です。
2

評価指数


自治体オープンデータ推進協議会関西会議の第2回を開催します。今回のテーマは、「オープンデータで市民参加・協働モデル」ということで、Code for JAPANの関代表、千葉市広報課の松島課長をお招きして、お話をお聞きし、意見交換をしたいと思います。また最後に、先日行われたインターナショナルオープンデータデイの関西地区での主催者の皆さんより、リレー報告をしてもらう予定です。
3

評価指数


ODI(Open Data Institute)のアジア初のCity Nodeになるなど、オープンデータ普及に向けた様々な活動を行ってきた大阪イノベーションハブ(OIH)にて開催されるイベントです。 本イベントでは、2011年より日本初の「オープンデータ活用」のコンテストとして活動を継続している「LOD(Linked Open Data)チャレンジ」と、自治体が保有する様々なデータの地域課題の解決に向けた 活用コンテスト「アーバンデータチャレンジ」(2013年より開催)のご協力のもと、LOD技術によるオープンデータ活用をテーマとした講演&ハッカソンを行います。 講演パートでは、 ・大阪イノベーションハブにおける、これまでのオープンデータに関する取り組みの紹介 ・Linked Open Dataの活用方法 ・オープンデータを利用したビジネスの事例紹介 などを行います。 ハッカソンパートでは、チームに分かれ、 ・LODとして公開されているデータ(大阪市のデータ、LODチャレンジの過去の応募作品を含む)を用いた簡単なアプリケーション開発 ・オープンデータのLOD化を行うデータソン を実施します。 LODやソフトウェア開発の技術の有無に関わらず、オープンデータを「つなげる」ことでさらに「広がる」可能性を体験いただけるイベントを目指しておりますので、多くの方のご参加をお待ちしております。
3

評価指数


関西地区自治体のオープンデータの利活用について、自治体関係者、オープンデータ有識者、企業のオープンデータ担当らと議論・研究を行う会議です。一般の方の傍聴参加も可能です。(定員50名)

ニュースフィード